work

WISDOM TEA HOUSE Main Image

WISDOM TEA HOUSE

,

国連大学文化協会が「WISDOM TEA HOUSE」を開いた。建築家・隈研吾氏の設計による伝統技術を使った木のやぐらや茶室が設置され、お茶の文化と建築技術の融合による「英知の空間」が生まれた。やぐらは汎用性の木材を使いながら、コンピューターによる加工技術を活用し、複雑に見える構造体を短期間で実現した。

やぐらは、相欠組太柄栓入、腰かけあり継ぎ、ほぞ差し太柄栓入の3種類の伝統的継ぎ手を反復させ、複雑な架構とした。生物のように増殖し、時間の経過に耐え得るサステナブルなシステムであり、21世紀型の建築となる可能性を示唆した展示となった。

STUDIO MIDORI.SOは茶室の施行から什器デザインまで幅広く手掛けました。
now loading...